ジェフグルメカードを使えば加盟店で飲食可能

ジェフグルメカードを使えば加盟店で飲食可能
ジェフグルメカードとは、正式名称を「全国共通お食事券ジェフグルメカード」といいます。全国1,000ブランドの加盟店35,000店で利用することができ、全都道府県にお店があり幅広く利用することができます。

また、有効期限もなく額面も500円券のみとなっているので食事での利用がしやすいようになっています。「ジェフグルメカード」は、券の発行は「株式会社 ジェフグルメカード」で行っていますが、母体となっているのは「日本フードサービス協会」というところになっています。

「日本フードサービス協会」通称「JF」は、日本の外食産業の発展と、豊かな食文化の創造に貢献するべく農林水産省の許可を受けて1974年に設立されました。創立以来、外食産業のサポートをし続け2016年で創立42年と長い歴史をもっています。

現在の加盟社は、正会員、賛助会員を合わせ約800社おり、外食産業関連で最大規模の組織となっているそうです。なので、母体が「日本フードサービス協会」になっている外食産業最大のお食事券ということで、加盟店も多く全国各地どこでも安心して利用することができるのです。

日本の外食産業は、年々発展を増して行き2014年度では、市場規模が23兆2386億円と従業員数は約500万人となっていて、日本の雇用と地域経済を支える大きな産業となっているのです。今や、誕生日やお祝い、友人とのランチなどでも外食を利用する事が多くなってきていますよね。

時には、主婦が今日は手抜きしたいななんて思って外食を利用したりと色んな場面で利用することができます。生きて行くうえで「食」は必ず必要なものなので、「ジェフグルメカード」や食事券のプレゼントはとても嬉しいものですよね。もらって嫌な人は絶対いないはずです。

中には、ダイエット中なのになんで「食事券」なんて思う人もいるかもしれませんが、そこは、ダイエット成功したら美味しいものを食べに行こうと前向きな考えで行きましょう。

食事券という名のカードなので、贈る人も色んな用途で贈る事ができます。快気祝いでは「美味しいご飯を沢山食べて、もっと回復してね」のメッセージを添えて贈ることもできますし、出産祝いであれば「栄養のあるご飯を食べて赤ちゃんを大きく育ててね」のメッセージを込めることもできます。色んな場面で活用できるので、贈った事のない人は是非一度利用してみてはいかがでしょうか。